WOODMAN Dust cover 3mm of GOLFLINKS

2018年7月18日 NHK おはよう日本「まちかど情報室」で弊社のテニス用商品のコレクタボールCS60を紹介いただきました。
暑い中でしたが、大阪府吹田市の江坂テニスセンターさんのご協力をいただきました。
コンディションの良いコートで、エアコン付き屋内コートを使わせていただけました。 
ありがとうございました。 

photo2018Kollectaball.jpg

HOME > WOODMAN目玉商品ご紹介 > WOODMAN Dust cover 3mm

ヘッドセット用薄型ダストカバー

WOODMANの高精度削り出しで実現。

3mm5color.jpg

特徴 :

   3mmのダストカバーを使用するために薄型コーンを専用設計。
   高精度ダストカバーです。

種類・サイズ :

   高さは3mm
□ 3mmダストカバー IC (カンパ規格C45/45ベアリング用)
□ 3mmダストカバー ICR (ケーンクリーク規格CR36/45ベアリング用)

色 :

   標準色 ブラック
   限定色 レッド・ブルー・ゴールド・ピンク
   限定色は各ショップの在庫をご確認ください。
   もしくは、弊社までお問い合わせ下さい。


dustcover4.jpg
1)まずはベアリングのサイズを確認。ICもしくはICR
  WOODMANのベアリングを使用している場合は、赤いシールはIC
  青いシールはICRとなります。
2)薄型コーンをベアリングの上部へ挿入。

dustcover2.jpg
3)しっかり中までコーンを入れれば、センターも出ます。
 ポイント: 一番大切な作業。センター出しは上だけじゃなく、フォーククラウン側も確認。

dustcover6.jpg
4)ここが重要!!シムを入れます。
  ダストカバーとヘッドセット本体にヘッドを締めこんだ状態で隙間があってスムーズに回転するようにシムの枚数を調整します。
  ポイントは: 隙間です。隙間がないとまわりません。ベアリング上部にグリスなど入れないでください。

dustcover8.jpg
5)カバーを入れたり、シムを抜いたり、足したりしながらスムーズな回転を得られるようにしてください。
 4)と5)の作業を何度も繰り返します。 走行後に回転が悪くなったらまた同じ作業をお願いします。
 ステアの精度次第です。
 もし、問題があれば、WOODMANのヘッドセットに是非交換ください。

dustcover7.jpg
6)実際には、ステムとヘッドキャップで押さえこんで、スムースに回転する枚数に調整します。
  ステムを入れる前に、模様を合わせてください。

是非、今まで実現できなかったポジションを実現ください。

3mmを使用してもスムースな回転は同じです。
通常のヘッドの組み立てやメンテナンスも上記のようにシムを調整して行います。
シムは、ある程度で摩耗するので、予備の販売も行っています。
お気軽にご用命下さい。

dustcover1.jpg

ご用命は、お気軽にお近くのショップに、ご相談ください。

在庫店が見つからない、万一断られた場合は直販も行っています。
熟練者限定ですが、ご希望など、こちらからお問い合わせからご連絡下さい
危険です。必ずショップもしくは熟練の方による取付でのご使用をお願いします。

dustcover3mm-1.jpg

注意:

他社品の圧入タイプのヘッドセットへのご使用の場合は、ベアリング上部のコーンを高さの高いものを
使用して誤差を修正しているために、数mmのギャップが生まれるため、事実上シムでは調整ができません。
この場合、ご使用になれない場合があります。
基本的に、WOODMANのヘッドセットの精度を基準として開発されていますので、
他社品へのご使用の際には、ご注意ください。
是非、精度の高いWOODMANのヘッドセットとの組み合わせでご使用ください。

milk_btn_pagetop.png

Woodman-jpeg.jpg
注目商品のページ

LOGO-400.jpg

ロードホイール

シートポスト

クランプ

  • シートクランプ

ヘッドセット

ヘッドキャップ

マグネット

ボトムブラケット

その他